FC2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 インド映画 バルフィ! 人生に唄えば

インド映画って、別名「マサラムービー」と言って、3時間の長尺にミュージカルとかいろんなジャンルを詰め込むスタイルが特徴的なんです。

結構、インド料理は好きなんですが、インド映画ってあまり得意ではなくて、長尺の演出過剰なごった煮感で途中で飽きてしまうんです(笑)



けれど、この間映画好きの友人に薦められて観た「バルフィ! 人生に唄えば」が結構面白かった。


インド映画がいずれ世界を席巻する!!と言われてから結構経ちますが、最近では海外の映画学校で学んだ方が作家をやっているので、過剰な演出が抑えられ、比較的観やすい作品が多くなり今度こそ席巻しそうな気がします(笑)

この作品も、2時間半と長い作品ではありますが、キチンと演出が抑えられていて、なおかつ娯楽的要素も高い作品となっています。

「これジャッキーじゃねえか!!」、「これ、雨に唄えばじゃね!?」、「たけし映画じゃね?」とオマージュ的要素がふんだんで突っ込みどころが多いのも映画好きにはたまりませんね。

あらすじは主人公バルフィは、生まれたときから耳が聞こえず、会話ができないものの、目線と身振り手振りで感情を表現し、街の人気者となっていた。

資産家との愛のない結婚に悩むシュルティはバルフィに思いを寄せている。一方、家族からの愛情に恵まれなかったジルミルも、バルフィにだけは心を開き、次第に惹かれていくという感じ。

バルフィの猛烈アタックにも関わらず、シュルティは親の反対に遭い結局は婚約者と結婚し、バルフィは諦めてしまうんですが、運命のいたずらか、6年後に逢ったけれど・・・・・・・

シュルティがすごく切ないんですねー

やはり、自分が大切だと思った人と結ばれたほうがいい。気持ちに嘘をつくと一生後悔することになるって思います。

でも、同時に無理と思ったら諦めるのも肝心なんですよね(笑)

後半グダグダ感があるものの、近年のアジア映画の中では結構好き。

そして、シュルティを演じるイリアナ・デクルーズが美しすぎる(笑)

ブログを続ける励みになります!!是非一票を!!クリックすると色んなブログに会えますよー

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします!!


もう一つお願いします!!  


青森県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment