FC2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 イギリス料理 ビーフパイおじさん

ビートルズの中ではジョージ・ハリスンが大好きな柴tですが、ビートルズが解散してソロになったときのこの曲大好きです。

(Official videoより)


さて、日曜日は個人的に「変な料理の日」と決めています。

家の食材を勝手に使って、いかに超大作を作るか(笑)

料理をすることによって、たぶん僕は非日常を作り出すことを楽しんでるんだと思う(笑)

今回はイギリス料理のビーフパイ、「ビーフウェリントン」を作りました。

008_R_20160202073411b0e.jpg

マディラワインもあったので、赤ワインソースのマディラソースを作って食べました。

「イギリス料理=不味い」というイメージですが、18世紀の産業革命時に労働基準法みたいな労働者を守る法律が無かったため、労働者階級が長時間労働、低賃金のために余裕が無く、料理が質素になり、庶民の料理の文化が育たなかったと言われています。

一方で資本家側、ジェントルマン階級はビーフイーターと言われるほど、肉好きだったので、肉料理の文化は発達していると言われています。ローストビーフもイギリス料理なんですよ。

〇作り方(4人分くらい)

①牛ヒレブロック300~400gに塩コショウ、パウダースパイスのローズマリーを擦り込み馴染ませます。

003_R_20160202073347f9d.jpg

010_R_20160202073406ba4.jpg

②フライパンにオリーブオイルを入れ、強火で焼き色をつけながら各面を1分ぐらい、全面を炒めます。ヒレ肉の方が柔らかいのでおススメです。今回は売ってなかったのでモモブロックにしたら、若干固かったので後悔しました(笑)

③肉を取り出して、冷めるまで室温で放置します。フライパンはまだ洗わないでください。

009_R_20160202073412a0e.jpg

011_R_20160202073422845.jpg

④シャンピニオンのデュクセルというのを作るんですが、牛の肉汁の移ったフライパンにバター10gを入れ、マッシュルーム缶100g~130gのみじん切り、玉ねぎ大1/2のみじん切りをペースト状になるまで木べらで潰しながらじっくり炒め、100ccの白ワインを加え、水分が飛ぶまで炒めます。

001_R_2016020207334448d.jpg

002_R_2016020207334659e.jpg

004_R_20160202073348424.jpg

⑤ラップの上で生ハムを牛ヒレが包めるくらいに敷き詰めます。そのあと、生ハムにデュクセルを塗って牛ヒレを包みます。

⑥溶き卵を接着剤代わりに塗って、延ばしたパイシートで包みます。切り分けやすいようにパイには切れ目を入れます。

007_R_20160202073409fbe.jpg

⑦残りの溶き卵をパイに塗って、あらかじめ200℃で予熱したオーヴンで25分くらい焼きます。

005_R_20160202073343260.jpg

006_R_20160202073408eb8.jpg

⑧その間マディラソースを作るんですが、フライパンにバター10gで、玉ねぎのみじん切り大1/4を炒め、その後ブロッコリー、ニンジンを投入し、マディラワイン(普通のワインでも可)200ccを入れ、量が1/3になるまで煮詰めます。フォン・ド・ボーを適量入れ、お好みの濃さになったらバター10gをさらに投入し、塩コショウで味を整えて出来上がりです。

ブログを続ける励みになります!!是非一票を!!クリックすると色んなブログに会えますよー

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします!!


もう一つお願いします!!  


青森県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

KUN  

No title

すんごいな~!
自分では作れないけど(笑)食べてみたいです(>_<)
いつかお店開いて~!!!

2016/02/02 (Tue) 08:54 | EDIT | REPLY |   

柴T  

No title

>KUNさん

どうもです!!
肉をパイにくるんで焼くだけなので、手間はかかりますが、失敗が少ないので、是非作ってみてください(笑)
お店・・・まだまだ修行が足りないかな(笑)

2016/02/02 (Tue) 21:35 | EDIT | REPLY |   

Add your comment