FC2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 十和田が生んだ小説家川上健一

地元が舞台の小説っていいですよねー

最近は青森三部作で森沢 明夫さんが、「津軽百年食堂」、「青森ドロップキッカーズ」、「ライアの祈り」を著しています。

津軽百年食堂 (小学館文庫)津軽百年食堂 (小学館文庫)
(2011/01/06)
森沢 明夫

商品詳細を見る

青森ドロップキッカーズ青森ドロップキッカーズ
(2010/02/01)
森沢 明夫

商品詳細を見る

ライアの祈りライアの祈り
(2012/09/26)
森沢 明夫

商品詳細を見る


「津軽百年食堂」はすでに映画化されていますが、「ライアの祈り」は映画化される予定だとか!!楽しみです。

さて、青森県を舞台にした小説の先駆者といえば、十和田市出身の作家川上健一師匠!!

今を時めく綾瀬はるか玉木宏主演の映画にもなった「雨鱒の川」、そして同じく映画化された内田朝陽主演「4月になれば彼女は(映画名はアオグラ)」、青春小説の金字塔「翼はいつまでも」どちらも十和田市が舞台になっています。

雨鱒の川 (集英社文庫)雨鱒の川 (集英社文庫)
(1994/09/20)
川上 健一

商品詳細を見る

四月になれば彼女は (集英社文庫)四月になれば彼女は (集英社文庫)
(2009/02/20)
川上 健一

商品詳細を見る

翼はいつまでも (集英社文庫)翼はいつまでも (集英社文庫)
(2004/05/20)
川上 健一

商品詳細を見る


うちの母親が同世代で同じ中学校らしく、当時の実際のネタが満載で感動していました。

18190907_6694495_21large[1]

18190907_6694395_39large[1]

18190907_6694367_248large[1]

18190907_6694460_149large[1]

18190907_6694453_114large[1]

僕自身育ちは青森市ですが、十和田市で生まれました。しかしその色眼鏡抜きにしても「翼はいつまでも」が素晴らしすぎて、今現在川上健一ファンです(笑)!!

アオグラ予告編

http://www.youtube.com/watch?v=mwErCyDAt0Q

ブログを続ける励みになります!!クリックして一票を!!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



2 Comments

ぺりこと言う名のオババ  

No title

・・・わが家も先週の日曜日に美術館に行ってきたんですが・・・。
なんでこうも同じとこに行くんだよっ!?

イマイチよくわかんねー美術館だったよ・・・。

あ!ブログ見てコメなんてしちまったら、またランキングが・・・きーーーっヽ(`Д´)ノ

2013/07/05 (Fri) 21:49 | EDIT | REPLY |   

柴T  

No title

>ぺりこさん
あざーす(笑)!!まさか記事でランキング2位とるとは思いませんでしたが。まあ、見てくれる人が楽しんでくれるのが一番なのでうれしいです。ぺりこさまのおかげですー素直じゃないっすね(笑)
美術館面白かったですよ。うちの母親もひたすらワカンネーワカンネーって言ってましたが(笑)

2013/07/05 (Fri) 23:14 | EDIT | REPLY |   

Add your comment