fc2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県佐井村 遠いところ程、魅力的なのは何故だろう。冬にも関わらず人気店の油そばは最高でした。【ハナマルラーメン】

イギリスの4人組ロックバンド、コールドプレイ。

ロンドン大学出身の高学歴で、全員親が教師。

在学中にバンドを組んだ際、当初違うバンド名だったそうですが、友人が組んでいたバンド名「Coldplay」を譲り受け、現在のバンド名に。

1999年にレコード会社と契約し、2000年にリリースされたデビューアルバム「Parachutes」がいきなり全英1位を記録。

イギリスの様々な賞を総なめにし、その人気がアメリカにも伝わり、グラミー賞も受賞。

その後の彼らの活躍はご存知の通り。

僕が大好きな曲が2011年にリリースされたアルバム「Mylo Xyloto」に収録され、シングルにもなった「Paradise」。

希望を持っていた女性が、現実の厳しさに打ちひしがれ夢の中の「Paradise」逃げ込もうとするも、それでも現実に「Paradise」を見出そうとする、あくまでも僕の解釈なのですが、そんな力強さを感じる名曲だと思います。

(Official videoより)


ユートピア、ジパング、桃源郷、エルドラド。

ヒトは自分の手の届かない遠くに、理想郷を置きたがる。

それ程までに、現実はつらく厳しい、逃げたくなる様な場所。

上手くいったと思った途端に上手くいかなくなるし、イイヤツもいればイヤなヤツもいるし、絶世の美女が僕に振り向いてくれるはずもなく、話しかけようものなら一瞥されるColdplay。

未だに戦争なんてものが起こっているし、ヒトのライフイベントなんてお構いなしに天変地異が起こる。

僕の大切な人達が、予想だにしないタイミングで舞台から続々と退場していく。

何一つ思い通りにいかない人生、何一つ僕の理想が届かない人生。

せめて遠くに自分の理想を置こうとするのだ。

image2_2024010210452974e.jpeg

さて、青森県の遠いところといえば、僕が住む下北半島。

image3_2024010210452916f.jpeg

青森市から八戸市程度の距離なのに、醸し出す、どこか遠いところへ行った感は何故なのだろう(笑)。

就職が決まった際、仙台や関東でも内定を取ったけれど、僕は下北半島に就職した。

僕はどうやら、遠くの下北半島に理想郷を置いてしまったのかもしれないですね。

image0_202401021045272fe.jpeg

先日、さらにむつ市より遠い、下北半島佐井村へ行って来た柴T。

image15_20240102104525481.jpeg

佐井村って、深浦町と並んで、青森県で最も遠い場所という感じだけれど、何もないところではなく、初めて佐井村を訪れた際、僕の想像を遥かに超えて来た。

美味しいパン屋もあるし、コアな中華料理店、美味しいのり弁を売っている産直もある。

image14_20240102104544704.jpeg

そして、僕が最も驚いたのが、津軽海峡文化館アルサス2階にある「ハナマルラーメン」さん。

image4_202401021045327cc.jpeg

人口1715人(2023年11月30日)の村にある、オシャレで濃厚なラーメンが食べられるお店。

このお店に出会った時、何故か北海道利尻島にある大人気ラーメン店「利尻らーめん味楽」を思い出した。

すごい場所にある人気ラーメン店。

観光シーズンになると行列ができている時もある。

冬だし、お客さんも来ないだろうなと思っていたら結構混んでました(笑)。

店主が一度体調を崩すも復帰し、現在30名限定で、お客さんを受け入れています。

1月3日まで正月休みとのこと。

image5_202401021045348cb.jpeg

メニューは現在限定メニューですが、徐々に復活して来ていますね。

そして、新しいメニューもあり、今回僕が注文したのが油そば950円。

image11_20240102104542317.jpeg

油そば自体あまり食べたことがなくて、けれどハナマルラーメンのX(旧ツイッター)で見た写真があまりに美味しそうだったので頼んでみました。

image10_20240102104541832.jpeg

細切りのチャーシュー、トロトロの味玉、ニラ、ネギ、メンマ、海苔にナルトと具沢山。

image9_202401021045396d2.jpeg

そして写真以上に、麺のボリュームが凄まじい(笑)。

混ぜて食べてみるとマジで美味い。

image6_20240102104534ef7.jpeg

醤油ベースのタレが濃いめで、煮干しの破片もあり、少しザラザラした食感がアクセントになりハマります。

そしてタレもそうだけれど、何より麺が美味しいですね。

モチッとした中太の黄金麺で、喉越し良くツルツルと入って行く。

油そばはそもそも麺を楽しむもの。

麺が最高だとこんなにも美味しいんですね。

image8_202401021045373c9.jpeg

別皿でマヨネーズも付いてきて、足すとコクと酸味が加わり、味変してより美味しくなる。

そして、麺が多いのでいつまでも食べていられる。

味玉もトロトロで美味しい。

というか、チャーシュー、メンマ、全ての具材が美味しい。

ラー油をかけながら、お酢をかけながら味変させ、最後まで美味しく食べられました。

そしてココ、麺類を頼むとライスがサービスで来る。

したがって、値段のかかる丼ものは頼んだことが今までなかったけれど、チャーシュー丼450円の美味しさに現在ハマっている。

image7_202401021045366f9.jpeg

たっぷりの細切れチャーシューに、タレとマヨネーズをかけたジャンクなチャーシュー丼(笑)。

ピリ辛にもすることができて、今回コチラにしたのですが、ピリ辛のタレがクセになり、チャーシューは柔らかくもいい意味で、肉々しい食感を残している。

サービスのニラキムチを味わいながら、美味しい油そばとチャーシュー丼にお腹がいっぱい。

image12_202401021045446a1.jpeg

本当、ココは何を食べても美味しいですね。

この後、僕は大間のフェリーに乗って函館へ向かい、友人達と飲みに行ったのだけれど、この凄まじい大満足を空腹にするため、フェリー乗り場から函館駅までの5kmを歩いた(笑)。

思い通りに行かない、理想通りにいかない人生。

そんな現実から守るため、手の届きづらい場所に楽園を置きたがる。

けれど、自分の思い描いた通りに行く理想郷だけが「楽園」じゃない事に下北半島に来て気づいた。

思い通りに行ったことはほぼ無いけれど、想像を超える、面白いことがこの下北半島にはあった。

「楽園」を見つけられるかは自分次第。

ブログを10年続けていたら身近なあちこちに「Paradise」が見出せる様になったのだ。

クリックして投票いただければ、ブログを続ける励みになります。素敵なブログにも出会えますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします。


もう一つお願いします。  


青森県 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment