fc2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県平川市 観音様に会いに行ける人気温泉宿。食事も温泉も大満足でした。【南田温泉ホテルアップルランド】

伝説のバンド、ビートルズの名ドラマー、リンゴスター。

世界的権威を持つ音楽誌、ローリングストーン誌で、2011年に、偉大なドラマーランキングで第5位に輝くなど、後世に多大な影響を与え続けている。

ビートルズのボーカルとしても彼は何曲か歌っていて、個人的に「With a Little Help from My Friends」が大好きですね。

(Official videoより)


ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスンが歴史に残る大名曲を作っていただけに、過小評価を受けることも多い彼ですが、1966年の名盤「REVOLVER」の最後の曲「TOMORROW NEVER KNOWS」は彼の口癖から出た言葉を採用したもので、この曲のイカれたドラミングも天才的でバンドに大貢献。

ビートルズ解散後も「Photograph」等、ソロでも結構ヒットを飛ばしていて、僕が好きな曲が2019年のアルバム「What’s My Name」に収録されている「Grow Old With Me」。

ジョン・レノンが生前最後に手掛けた作品のひとつで、彼が殺害される直前となる1980年、バミューダ諸島で書かれたもの。

隠れた名曲と言われるこの曲をリンゴがカバー、味のあるボーカルが良いですね。

(Official videoより)


実は隠れ大仏マニアの柴T。

決して仏教の熱心な信者という訳でもないのだけれど、茨城県牛久市の高さ120mもある世界最大の大仏「牛久大仏」をわざわざ見に行ったし、神奈川県鎌倉市まで行って「鎌倉大仏」も何年か前に見に行き、岩手県釜石市にある「釜石大観音」も今年見て来た(笑)。

我が青森県にある、日本にある青銅座像仏では最大の「昭和大仏」も青龍寺 のイベントで何回か見たこともある。

かつて、いとうせいこうさんとみうらじゅんさんの共著による「見仏記」を愛読していた。

そんな僕が大学時代、弘前市から自転車で平川市を訪れた際、ホテルの建物から巨大な観音像が屹立しているのを見て度肝を抜かれる。

「な、なんだコレは・・・」

後にこのインパクト大の建物が決して怪しい施設ではなく、「南田温泉ホテルアップルランド」という、りんご風呂が名物の人気の温泉宿だということを知る。

日帰り入浴もやっていて、学生時代の僕のお気に入りの温泉で、時間があればよくココに通っていた。

社会人になり、僕もようやくそこそこ稼ぐ様になって、一度泊まってみたいという衝動が、日に日に増していた。

先日ようやく念願かない、「南田温泉ホテルアップルランド」へ宿泊してきました。

ホテルの周りは一面リンゴ畑で、その名の通り「アップルランド」(笑)。

image11111_202312110729575b9.jpeg

駐車場に車を停めると、建物から観音様が立っているのがわかる(笑)。

image22222.jpeg

その名も「りんご大観音」。

ホテル3階に立ち、高さはなんと16mもある。

image33333.jpeg

片手にリンゴを持つこの観音、1983(昭和58)年に建立されたもので、「リンゴの運搬中に交通事故により命を落とした女婿の供養」、「交通安全への悲願」、「リンゴの豊作祈願をするため」という初代社長であった葛西甚八氏の想いが込められた観音像なのだとか。

image10_20231211071531cf1.jpeg

館内へ入ると、スタッフがとても親切で、丁寧な接客により、数秒でとても居心地がよいホテルであることが分かる。

ロビーには何故かキン肉マン。

image12_20231211071534219.jpeg

キン肉スグルと、キン肉アタルの兄弟共演(笑)。

早速部屋に案内されると同時にりんごをもらいました。

image88888.jpeg

実はこのホテル、徹底的にりんごにこだわったホテルなのです。

りんご産業に関わるグループ会社を持っているため、随所にりんごが散りばめられている。

まずココの名物が「りんご風呂」。

image13_2023121107153443f.jpeg

温泉「苹果の湯」の入り口には、りんごの品種が書かれていた。

温泉自体もナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ高温泉)で、ツルスベ感のある良いお湯がかけ流しされている。

湯口からは硫化水素臭がして、温泉マニアにはたまらない。

そんなお湯にプカプカ浮かぶりんご。

温泉の香りと同時に、りんごの爽やかな香りもして心地が良い。

りんごの成分が温泉に溶け出て、体にも良いんだとか。

相変わらず、浴後もポカポカと体が温まる良いお湯でした。

気がつけば夕食の時間になり、2階の夕食会場「ダイニング星の金貨」へ。

バイキング形式になっていて、40種類もの県産品をふんだんに取り入れた郷土料理や、りんご料理、創作料理等を楽しめる。

image1111_202312110729549f3.jpeg

image20_2023121107151795f.jpeg

そのほかドリンクバーやデザートなどもあって、ついつい欲張り過ぎて、物凄いボリュームになる(笑)。

そして俺の盛り付け、相変わらずヘタクソですね(笑)。

image777_20231211072952b8b.jpeg

りんごと牛すじのグラタンがものすごく美味しい。

image666_20231211072953ee0.jpeg

リンゴの酸味と、チーズ、ミートソースが合いますね。

スペアリブもりんごを使っているらしく、柔らかく美味しい。

津軽の郷土料理イカメンチもフワフワで、金目鯛の煮付けも美味しい。

エビチリもりんごが使われていてこちらもいいですね。

image222_202312110729478a1.jpeg

浜焼きもあって、カキ、エビ、ホヤが香ばしく炭火で焼かれている。

image555_202312110729496e1.jpeg

津軽のちゃんぽんなるものもあり、こちらもとても美味しかった。

牛ステーキがあって、ソースを何種類か選べるのですが、りんごソースを選択。

image111_20231211072945997.jpeg

リンゴの酸味と甘味がステーキに合っている。

image333_202312110729499fc.jpeg

海鮮丼もあるし、自分で作るセルフ陶板焼きもある(笑)。

image17_20231211071539b06.jpeg

image18_20231211071540e79.jpeg

何もかもが美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいました。

ラウンジではリンゴジュースやアイスキャンディが飲み放題・食べ放題になっていて、なんと20時からアルコールも飲み放題になる。

image14_20231211071536137.jpeg

ワインや、ウイスキー、焼酎などもあって、なんと、焼酎は六ヶ所村の人気長芋焼酎「六趣」。

image15_20231211071539714.jpeg

ずっと、この六趣をロックで飲んでました(笑)。

image9_20231211071531635.jpeg

おつまみもあり、お酒が進む。

いい感じで酔っ払い、自分の部屋に戻ったら気がつけばぐっすり眠っていた。

朝心地よく目覚めた僕は、再び温泉に入る。

体が温まって来たところで朝食。

朝食もバイキングになっていて、こちらも40種類以上の品目の豪華な朝食。

image8_20231211071528036.jpeg

コチラもまた食べ過ぎる。

ホタテフライや鮭やサバの焼き魚は美味しいし、やはり朝食にスクランブルエッグ、ベーコン、ソーセージは欠かせない。

image7_20231211071526ab2.jpeg

ココのスクランブルエッグ、バターが効いて美味しい。

image0 (71)

カクテキかと思ったら、実はリンゴの梅肉和え(笑)。

意表を突かれましたが、コチラも美味しい。

image3_20231211071522dce.jpeg

image2_20231211071522f4d.jpeg

青森県民のご飯のお供、筋子やイカの三升漬けでご飯が進む。

そして、平川市といったら「平川サガリ」。

image5_2023121107152493e.jpeg

そんな平川サガリを使ったカレーもあってコチラもいいですね。

image6_20231211071526b81.jpeg

自分で海鮮丼を作り食べてみたり。

リンゴジュースも「王林」と「ジョナゴールド」が選べて飲み比べ。

image0_20231211071520c1e.jpeg

とっても楽しい朝食でした。

いつも日帰り入浴でよく来ている温泉だけれど、泊まってみるとまた印象が違って、新たな魅力にまた気づく。

また泊まりたい素敵な宿でした。

平川市から入り、大仏から入り、温泉から入り、宿に泊まってさらに広がる好奇心。

お次はリンゴを使った料理に興味が広がる。

歳を取ったら、てっきり青森に飽きてしまうんじゃないかと思っていたけれど、まだまだ楽しいことが広がっていく。

歳をとるとともに、僕の好奇心も育っていくのだ。

クリックして投票いただければ、ブログを続ける励みになります。素敵なブログにも出会えますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします。


もう一つお願いします。  


青森県 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment