fc2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 北海道函館市~北斗市 中央図書館を見てからの、前から食べてみたかった櫓そばを食べる。【中華そば 櫓屋 本店】

アレは20年近くも前。

函館高専に在学していた頃。

北海道旧上磯町の七重浜に、半世紀以上年上の友人がいて、バイトの帰りによく家に遊びに行っていた。

学校の先生を定年退職し、密かに小説を書いていた友人。

彼の書斎の窓からは海が見え、窓を開けると漣の音が聞こえた。

書斎には昔のレコードが書棚に雑に詰め込まれていて、そこから取り出しては音楽を聴くのが好きだった。

昔の音楽や文学が好きなのは、友人の影響かもしれない。

僕が気に入っていたレコードが、アメリカのソウルシンガー、サム・クック(1931- 1964)が1960年にリリースした「Wonderful World」。

その当時のブラックミュージックのアーティストの中では一味違う洗練されたスタイルで、「難しいことはよくわからないけれど、僕は君を愛してる。そして君が僕を愛してくれたら世界はとても素敵になるんだ」と歌っている素敵なナンバーです。

(Official videoより)


僕が函館にいたのは遠い昔。

あまりに遠過ぎて、本当に僕はココにいたのだろうかと思う時がある。

函館駅も五稜郭も新しくなり、和光デパートも棒二デパートも今は無い。

旧上磯町のダイエーもイオンに変わり、久々に母校の函館高専へ行ってみたけれど、あまりピンとこなかった。

当時付き合った彼女の連絡先はだいぶ昔に削除してしまったし、友人の大半は函館を出てしまった。

半世紀年上の友人もコロナ禍の際に亡くなってしまった。

思い出を繋ぎ止めるのは、年末に五稜郭で友人達と飲むくらい。

秋田の昔付き合っていた彼女と能代市のカフェで思い出を語り合った際、かなり話が食い違っていて、無意識のうちに思い出を改竄している説が浮上した(笑)。

本当に僕はココにいたのだろうか。

image0_202310270744531fc.jpeg

image2_20231027074455913.jpeg

image3_20231027074457a57.jpeg

さて、夏に北海道函館市へ行って来た柴T。

image8_202310270747197ce.jpeg

image11_20231027074501f91.jpeg

この日はクソ暑かったのを覚えている。

image20_202310270745049da.jpeg

大間町からフェリーで函館まで行き、五稜郭公園まで歩く。

image15_2023102707450351f.jpeg

五稜郭公園内は遊具がたくさんあり、賑わっていたイメージだったけけれど、撤去され、箱館奉行所が復元されていた。

1802(享和2)年に箱館奉行が函館山の山麓に設置され、その後江戸時代末期のペリー来航に伴って、1864年に五稜郭に移転。

1871年に解体されるものの、その後2010年に復元。

実はこの奉行所、青森県とも関わりがあって、当時柱は青森ヒバを使っていたらしく、そこもこだわって再現しているらしい。

image24_20231027074508c05.jpeg

五稜郭公園をぐるっと周り、前から行ってみたかった「函館市中央図書館」へ。

image21_20231027074506d76.jpeg

僕が高専に入った頃は、函館山に図書館があって、随分不便なところにあるなと思っていた。

image28_2023102707444430b.jpeg

2005年に五稜郭に中央図書館として開館。

image26_20231027074442b31.jpeg

中に入ると、びっくりするくらい広くて驚いた。

吹き抜けで、開放的な館内。

ソファーやテーブル席も多く、ゆったりと本を読むことができる。

あの当時、僕の選択によっては、函館に住む世界線もあった。

その世界では多分、僕はココに入り浸っているのだろう。

image7_20231027074458879.jpeg

色々函館を堪能した後、大間町へと向かうフェリーの帰り道。

image30_202310270744456e8.jpeg

image34_202310270744489e2.jpeg

五稜郭駅から、前から乗りたかった道南いさりび鉄道へ乗る。

image35_20231027074448cde.jpeg

車窓には親切に、函館山の位置が書いてあった。

image444_20231027074546180.jpeg

北斗市七重浜駅で降り、マーライオンを見た後で、ラーメン屋さん「中華そば 櫓屋 本店」へと向かう。

image40_20231027074452cad.jpeg

image38_20231027074449695.jpeg

ココは北斗市を代表する人気ラーメン店の一つ。

どちらかと言えば、北斗市は「らーめん初代 社」と「らーめん韋駄天」が行きつけだけれど、ココも人気ですね。

前から行ってみたかったのです。

いつもお昼時はお客さんで混んでます。

人気メニューが店名を冠した「櫓そば」950円

image333_2023102707454961d.jpeg

大きな炙りチャーシューが乗った、和風トンコツラーメンになっています。

スープを飲むと、鶏ガラ豚骨ベースのスープにカツオの風味を感じる、美味しいスープ。

image111_202310270745480a6.jpeg

思った程のくどさは感じません。

どちらかと言えば、カツオの魚介の風味が前面に出ている感じ。

麺は中太で少し固めの食感が良いですね。

image000_20231027074452d80.jpeg

チャーシューは甘めに味付けされていて、炙られているためか香ばしい。

豚骨好きというよりは、魚介好きにはたまらないラーメンかもしれないですね。

美味しい一杯でした。

思い出の函館市と北斗市を旅したけれど、結局は自分の過去をなぞるより、自分がまだ行っていない場所ばかり行ってしまった。

僕のまだ知らない、道南を巡る旅。

昔が遠過ぎて、あまり思い出に感傷的にはなれなくなってきた。

あの頃、自分がどうだったか、もしかしたら僕の妄想が足されているかもしれない。

どんどん美化されていく「Wonderful World」。

誰も証明してくれる人がいない今、それが1番いい思い出との向き合い方なのかもしれない。

クリックして投票いただければ、ブログを続ける励みになります。素敵なブログにも出会えますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします。


もう一つお願いします。  


青森県 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

ペペ  

本日、地域情報アクセスランキング全国4位のブロガーさん。
私の好きな幸楽宣伝、ありがとうございます!

2023/10/27 (Fri) 08:26 | EDIT | REPLY |   

柴T  

To ペペさん

ありがとうございます。

コメント、返信が遅くなり申し訳ございません。

最近ランキングが全体的に安定しないので、実力かどうかは分かりません(笑)。

幸楽いいお店ですよねー

また行きたいと思います。

次は唐揚げかな(笑)

2023/11/02 (Thu) 20:30 | EDIT | REPLY |   

Add your comment