fc2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県青森市 昭和香る浅虫の温泉街。オシャレなクラフトビール飲んだ後にシメた、ラーメンの懐かしき味わい。【やっちゃん】

ジャズギター界の重鎮にして、現代音楽で最も重要なミュージシャンの一人、パット・メセニー。

12の部門で合計20のグラミー賞を受賞するなど、ずっとキャリアを通し、高く評価され続けています。

18歳で名門バークリー音楽大学の教鞭を取るなど、若くして天才ぶりを発揮しており、しかしながら婚姻関係や趣味、スキャンダルなど、一切プライベートが聞こえてこないことから、生存以外は音楽しかしてないのではと噂されています(笑)。

ギターの弦は何年も替えずずっと使い込む事でも有名で(普通は1ヶ月に1回は替える)、彼の独特の甘いトーンの秘密はそこにあるのかもしれないですね。

彼の演奏の特徴は、ジャズを前提に世界各地の音楽を吸収し、彼オリジナルの表現に昇華していて、日本で最も有名と思われる曲が「Last Train Home」。

TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」のエンディングテーマにもなった、大名曲です。

(Official audioより)


僕が物心ついた時には終わっていた「昭和」という時代。

小渕元首相がテレビ越しに「平成」と書かれた文字を掲げ、新しい時代が始まるんだなって、幼いながらもそう思った朧げな記憶はある。

昭和やバブルをリアルタイムで感じたことのなかった僕だけれど、昭和の映画や、バブルの映像を通して、何故か懐かしい気持ちになってしまうのは何故だろう。

さて以前、青森市浅虫にある温泉街「浅虫温泉」へ行って来た柴T。

別に宿泊が目的ではなく、飲みに来たのだ。

image122_202310160713190b2.jpeg

image4_202310160713103ef.jpeg

image3_20231016071308485.jpeg

青い森鉄道で青森駅から浅虫温泉駅へと辿り着き、少し鄙びたホームの、レトロな昭和の雰囲気がどこか懐かしい。

image110.jpeg

image100_20231016071315ade.jpeg

image88_20231016071312c7d.jpeg

温泉街を散策すると、かつて「東北の熱海」、「青森の奥座敷」なんて呼ばれていた、昭和然とした風情ある街並みが歩いていてとても心地よいのだ。

image99_20231016071315195.jpeg

image2_20231016071306741.jpeg

image0_20231016071306cca.jpeg

そんな夜の浅虫。

image444_20231016071326972.jpeg

僕の目的は、6月にオープンしたばかりのクラフトビールの醸造所「蛍火醸造」さん。

銀行だった場所をリノベーションして出来たお店は、渋くかつオシャレ(以前紹介した記事はコチラ)

image555_202310160713269c9.jpeg

image666_20231016071328eff.jpeg

image777_20231016071304492.jpeg

お店は単にビールを製造しているだけでなく、カウンターもあり、その場でビールやビールに合う料理も味わう事ができる。

そこでしばし、美味しいクラフトビールを味わい、いい感じに酔っ払った柴T。

浅虫の温泉街にこんなオシャレで美味しいクラフトビールが飲めるだなんて。

心地よくお店を後にした僕は、何かシメにラーメンを食べたい感覚に襲われる。

image333_20231016071324881.jpeg

浅虫の温泉街のメインストリートにある、知る人ぞ知るディープな食堂「やっちゃん」へ行って来ました。

蛍火醸造の斜向かいにあり、いつも常連さんで賑わう老舗の大衆食堂。

外観は昭和感香るザ・レトロ。

image222_20231016071322162.jpeg

麺類、丼、定食などメニューが豊富で、値段も総じてリーズナブル(メニュー一部切れてますスイマセン)。

今時ラーメンが500円とか。

このお店で個人的にオススメしたいのがラーメン。

image011_20231016071312d13.jpeg

今回チャーシューメン650円を注文。

先程ビールを飲んだのに、瓶ビール550円も併せて注文しました。

image111_20231016071319b4e.jpeg

スープを飲んだ瞬間、

「あ、懐かしい」

と口にしてしまう程に、まるで昭和にタイムスリップした様な、ノスタルジックで美味しいスープ。

この懐かしさってどこから来るんだろう。

甘味のある魚介スープが飲んでいて心地よい。

飲んだ後にじんわり優しく染み入る美味しさ。

麺は柔らかめの細縮れ麺で、美味しいスープと優しく絡みます。

チャーシューも程よい歯応え。

シメに最高の、心と体に染み入るラーメンでした。

友人から聞いた話では、チャーハンも懐かしい味わいで美味しいのだとか。

遠い昔、どこかで食べたことのある様な、そんなはずは無いのに、デジャヴを感じさせる不思議なラーメン。

それは、浅虫の温泉街にも言えることで、まるでその昔歩いていたか様な風情ある街並みを、終電ギリギリまでずっと散策していたくなる。

前世でもココで何かあったんだろうか。

それともタダの刷り込みなのだろうか。

かつてあった時代「昭和」に思いを馳せる。

そんなことを考えながらぶらからしていたら、電車を逃しそうになり、小走りに駅へと戻るのだ。

クリックして投票いただければ、ブログを続ける励みになります。素敵なブログにも出会えますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします。


もう一つお願いします。  


青森県 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2023/10/16 (Mon) 18:10 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2023/10/17 (Tue) 16:16 | EDIT | REPLY |   

柴T  

To -さん

コメントいただきありがとうございます。

私なんぞにありがとうございます(笑)。

インタビューについては、おそらく長期の出張もありまして、タイミング的に直接お会いすることは難しいと思います(本当です)。

メール等のやりとりであれば、身バレしない範囲であれば、回答することは可能です。

鍵コメ様のご意向に沿わない形となるかもしれませんが、できるだけ自由にやりたいという思いもあり、テレビもお断りしたこともあります。

何卒ご理解のほどお願いいたします。

2023/10/17 (Tue) 18:36 | EDIT | REPLY |   

鍵コメ  

紫Tさんへ

有難うございます!
メールで迷惑のかからない程度のやり取りをさせて頂ければ助かります。
急ぎませんので、お手隙の時にメール下さい。
引き続き、よろしくお願い致しますm(_ _)m

2023/10/19 (Thu) 08:56 | EDIT | REPLY |   

Add your comment