fc2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県野辺地町~青森市 野辺地産葉つきこかぶ買ってからの、朝ラーで大勝軒煮干し。【青森大勝軒】

やっぱり大好きなビートルズ。

アルバムによっては60年前にリリースされたアルバムもあって、それでも未だ色褪せないどころか、味が増すばかり。

ちょうど60年くらい前のアルバムが、1963年リリースの2作目のアルバム「With the Beatles」。

今となっては少々影の薄いアルバムですが、結構聴いてみると流石はビートルズ、名曲だらけですね。

アルバムの中でも「All My Loving」は大名曲。

ポール・マッカートニーによって作られた曲で、あの辛口なジョン・レノンも絶賛していたらしい。

ど真ん中の名曲と思わせて、本来の文法ならば「All My Love」になるところをあえて「Loving」にしてみたり、4拍子の曲なのにジョンのギターは3拍子を刻んでいたり、60年を経てなお、彼らのセンスの凄さに驚きを隠せない。

(Official videoより)


未だ、青森市の人達から遠いとか言われる下北半島。

最近、家族の諸事情により、毎週末青森市に帰っているのですが、13年通い続けると全然遠いと感じない。

距離はちょうど100km

まともに走れば、車で大体1時間50分くらい。

多分どこにも寄らず、ずっと走っているだけなら、確かに遠く退屈だと感じるかもしれない。

しかしながら13年経つと、道中面白いところが沢山ある事を知り、ついつい寄り道し、そんな遠ささえ、微塵も感じさせないのだ。

さて、早朝5時に下北半島むつ市を出て、青森市へ帰る道中、朝の帰り道、しかも雨の日に、寄るところなんてないと思いきや、中間地点野辺地町には朝6時から営業している「のへじ活き活き常夜燈市場」がある。

image1_202307250729515b2.jpeg

ココの玉子サンド500円がマジで美味しいので、是非食べてほしい。

むつ市吉田ベーカリーのパンと、東京玉栄さんの厚焼き玉子がコラボした激ウマサンド。

厚焼き玉子のコクと甘味、吉田ベーカリーのフワフワのパン、そして程よく効いたカラシ、全てのバランスが最高。

image4_202307250729569e5.jpeg

image3_20230725072954fb4.jpeg

野辺地町産の有名な「葉つきこかぶ」も朝採れの新鮮な状態で販売されていて、このこかぶ、生で食べられるのですが、すごく美味しいんです。

image0 (55)

クセもなく、まるで洋梨の様な食感で、ほのかに甘みも感じる。

ニンニク味噌につけて食べると最高。

おふくろへのお土産にこのこかぶを買うことにした。

image2_2023072507295296e.jpeg

そのほか魚が30円とアバンギャルドな値段で販売していたり、朝6時から市場ではワンコインの朝定食をやっていたり。

image1111_202307250736548a7.jpeg

「野邊地煎餅店」さんの南部せんべいも売っていて、とても楽しい市場。

最早、朝実家に帰る一つの楽しみになっているのです。

そして、青森市に着くと、時計は朝の7時頃。

image5_20230725072956fb2.jpeg

ちょうどお腹が減り、最近移転した大人気店「青森大勝軒」さんで朝ラーを食べて来ました。

image6_20230725072958046.jpeg

場所は小柳の、かつて「らいぞう」があった跡地。

ココは美味しいうえにコスパも最高の、全く穴がない人気店。

朝からもう多くの人で賑わいまくっていました。

大勝軒といえばつけ麺というイメージですが、朝は7時から11時まで、煮干し系ラーメンが主体となっています。

image8_202307250729487f1.jpeg

僕が頼んだのは、大勝軒煮干し750円。

塩と醤油を選べるのですが、今回は醤油。

なんと、そぼろ乗せライスがサービスで付きます。

超濃厚そうな、トロミのある煮干しスープ。

image7_20230725072959fd9.jpeg

飲んでみると超美味い。

どちらかと言えばあっさり煮干しが好きな柴Tだけど、飲んでみるとガツンと煮干しが来つつ、尖ったエグ味もなく、まろやかで食べやすい。

ついつい美味しくて、繰り返し飲んでしまう。

朝からこんなニボニボしていいんですか。

そんな僕の罪悪感も、その美味しさが吹き飛ばす。

image011_2023072507363874d.jpeg

モチッとした麺の食感も、このスープとも合っていて、とっても美味しい。

そして、そぼろライスの安定の美味さ。

image0 (56)

ラーメン、ライスを繰り返す、朝の至福の時間を過ごすことができました。

朝のドライブを楽しみながら8時頃ようやく実家へ辿り着く。

玉子サンドと葉つきこかぶをお土産に、親父やおふくろとしばし談笑する。

寄り道しすぎて、時間はかかったけれど(笑)、楽しい寄り道で、遠いとは退屈だとは、微塵も感じない。

むしろもう終わりかと感じてしまう(笑)。

下北半島での暮らしも気に入っているし、こうして週末青森市へ帰り、親孝行できる今のリズムも気に入っている。

下北半島以外の人から、下北半島に住んでいるからずっと週末もいるべきだとか、青森市に帰りたがっているんじゃないかとか、幸せは他人の物差しで勝手に決めることじゃない。

最近、下北半島ネタが少なくて、下北嫌いになったんじゃないかって(笑)、噂なんて、ハッキリ言ってウソ。

誰かの想像で僕はできていないのである。

10年間、下北半島を取り上げすぎて、正直現在ネタに困ってはいるけれど(笑)、職場の先輩がいろいろと親切なアドバイスをくれ、現在下北半島ネタを溜めているところ(笑)。

そんなことで、僕の「All My Loving」は揺るがない。

コレからも自分のリズムで、ハートは下北半島ネタを中心に、ブログは続いていくのである。

クリックして投票いただければ、ブログを続ける励みになります。素敵なブログにも出会えますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします。


もう一つお願いします。  


青森県 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment