fc2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 北海道函館市 函館にもある「津軽」。おふくろの味がリーズナブルで味わえる、老舗食堂のカツカレー。【津軽屋食堂】

イギリスの伝説のロックバンド、オアシス。

ギャラガー兄弟を中心に結成され、90年代に名曲を連発。

中学の頃、よく彼らの曲を聴いていました。

彼らのインタビュー映像を見ると、かなりマンチェスター訛りがあって、正直聞き取れない(笑)。

しかしながら、それがロックでまたかっこいい。

ビートルズもリバプール訛りで有名ですね。

訛ってようが心に響けば関係ない。

函館旅行に行った時も、1994年のデビューアルバム「Definitely Maybe」をずっと聴いていた。

そこに収録され、シングルにもなった「Live Forever」は改めて名曲だなって思いながら、ずっと海岸線沿いを歩いてました。

(Official videoより)


20年以上前、函館高専に進学した際、自分の訛りを気にしていた。

青森市はそんなに訛ってないとか言うけれど、東京の人に訛っているって1発でバレた。

青森市民って、話す言葉は比較的標準語に近いけれど、イントネーションはモロ津軽弁。

北海道に来て早々に、「あいつ訛ってる!」ってイジめられないか心配だったのだ。

ところがどっこい、函館の人も実は訛っていた(笑)。

てか、訛りがほぼ津軽弁(笑)。

「あずましい」、「はんかくさい」、「けっぱる」。

コテコテの津軽弁が、函館市民には通じてしまうのである。

開拓以前から青森との交流があったことに由来しているらしい。

訛りの不安が解消され、胸を撫で下ろした僕。

image151.jpeg

あれから20年以上が経ち、今度は旅行者として函館を訪れた。

image1411.jpeg

image1011.jpeg

下北半島に移住して13年にもなるけれど、未だ津軽訛りが抜けず、津軽という言葉に反応してしまう。

僕の心は未だ津軽人。

そんな僕の津軽アンテナが、函館にいても反応してしまうのだ。

image6_20230711073544f12.jpeg

海沿いにある喫茶店「つがる」を見つけてしまう。

そして、昔通っていた、とある食堂を思い出す。

image5_20230711073543dfd.jpeg

その名も「津軽屋食堂」さん。

函館駅近くの大門横丁の並びにある老舗食堂。

最近、ブロガーやYouTuber、色んなメディアに取り上げられ、すっかり有名な食堂になっちゃいましたね。

かの北島三郎さんも通っていたらしい。

2014年春に公開の映画「そこのみにて光輝く」のロケ地としても有名で、綾野剛や菅田将暉さんも来ていたらしい。

何故「津軽屋」かと言うと、戦後間も無くにこのお店を始めた際、初代店主が弘前出身だったかららしい。

image4_20230711073541eda.jpeg

ココは、おふくろの味をリーズナブルな価格で食べられる食堂。

現在は、三代目店主のおばあさんが店を切り盛りしている。

店内はレトロで、懐かしい雰囲気。

ショーケースのおかずから好きなものを注文でき、ご飯とお味噌汁を頼んで定食にできるほか、そばやカレーライスも食べることができる。

食堂の1番人気はカレーライス。

image2_20230711073538356.jpeg

今回頼んだのは、カツカレー770円。

映画でも菅田将暉さんが食べてたヤツ。

image7_2023071107354600f.jpeg

カツは揚げたてのカツ。

薄めの食べやすいロースカツになっていて、なかなかに美味しい。

そして、カレーは意外にも洋食寄りで、後からしっかりと辛さが来るスパイシーなカレー。

image3_20230711073540c52.jpeg

大衆食堂のカレーって甘めなイメージですが、それを覆す本格的な味。

とっても美味しいです。

具は玉ねぎと豚バラのシンプルなもの。

しかしながら、玉ねぎは甘く、豚バラは柔らかく、その旨味がしっかりとカレーにも溶け込む。

その日は車の運転をする予定がないので、ビールも注文。

image0_2023071107353610c.jpeg

昼から飲むダメ人間。

スパイシーなカレーにはビールが合う。

いつも北海道に来る時は僕が運転しているので、飲める時に飲んでおこう。

そうだよ、そんな感じだったよ。

遠い記憶を思い出しながら味わう、老舗食堂のカレーの味。

店内は常連さんで賑わっていた。

やっぱり津軽弁っぽい、函館弁が飛び交う。

決して良いことばかりではなく、辛いこともたくさんあった函館の5年間。

でも思えば、僕は函館に行ってよかったなって、思えるのである。

やはり僕は「津軽」が大好きなのだ。

クリックして投票いただければ、ブログを続ける励みになります。素敵なブログにも出会えますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします。


もう一つお願いします。  


青森県 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment