fc2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県青森市 小さな路地にある、居酒屋脇の階段を上がると、そこは隠れ家的レストラン。【マ・ファミーユ】

1980年代後半からロンドンで吹き荒れた、「アシッド・ジャズ」というレア・グルーヴのムーヴメント。

そんな「アシッド・ジャズ」というジャンルで最も世界的に成功を収めたアーティストが「ジャミロクワイ」。

彼らの最も有名な曲の一つが1996年の「Virtual Insanity」。

(Official videoより)


実は何気にこの曲、札幌公演の際、札幌の地下街に着想を得た曲である事は意外と知られていません。

直訳すると「Virtual Insanity(仮想の狂気)」(笑)。

そして、個人的に好きな曲が、2006年リリースの「Runaway」という曲。

ベスト盤「High Times:The Singles 1992-2006」に収録されている曲で、ファンキーなノリの、かっこいいナンバーになっています。

改めて聴くと、ベースライン、メチャクチャカッコいいですね。

ファンの間でも大変人気のある名曲です。

(Official videoより)


もし僕に、才能があるとすれば、どんなものでも、面白さを見出せる事。

「何もない」なんて思い込まず、謙虚に好奇心の目を向け続けると、何気ないものから面白い宝がポッと現れる。

自分より面白いブログなんていくらでもある。

正直、自分に分不相応な評価を頂いている。

しかしながら、ただ面白いものがポンポンと僕の目の前に現れて来るのだから、コレを書き残さずにはいられない。

image3_20230703065532542.jpeg

さて、先日青森市の商業施設「THREE(スリー)」へ行って来た柴T。

image4_2023070306575915d.jpeg

少し前にも行って来たけれど、時間がなくて、別館1階にあるマルシェ「セレスト」には行ってなかった。

今回、いざセレストの店内に入ってみると、スーパーの様でスーパーじゃない。

全国の特産品の中から厳選した逸品を豊富に揃えていて、本格的な総菜やお弁当もある。

そして、「魚河岸かさほう セレスト店」では、青森県西海岸のとれたての鮮魚が産地直送で販売されている。

勝手に高いのかなと偏見を持っていたのですが、そんなこともなく、結構お得なものもある。

image0_2023070306552749b.jpeg

ついつい買ってしまったのが、ヒラメのエンガワ。

ヒラメのエンガワって、スーパーで中々見ないですね。

このボリュームでこの値段はお得。

image1_2023070306553052e.jpeg

image2_20230703065530235.jpeg

そして、もう一つ買ったのが、かさぼう特製2色パフェ(ホタテ、ウニ)。

小さな海鮮丼になっていて、コレをおふくろにプレゼントしたら、すごく美味しかったと絶賛していた。

その他、「椿屋 デリカテッセン」では、老舗中華料理店「龍鳳閣」がプロデュースした、お惣菜が販売されていたり結構見ていて面白いですね。

多分、今後散歩がてら頻繁に寄るかも知れません(笑)。

image5_20230703065801e56.jpeg

そして、僕は「THREE」近くの小路を歩くと、そこに現れた「喫茶ぽっくり」(笑)。

image7_20230703065537050.jpeg

その店名のインパクトに釘付けになりながらも、その隣にある閉店した居酒屋季楽に視線をランナウェイさせると、建物脇に階段があり、謎のレストランの看板がある事に気づく。

image6_20230703065634b23.jpeg

そのお店の名は「マ・ファミーユ」。

image8_20230703065539c19.jpeg

image9_20230703065541397.jpeg

恐る恐る二階へ階段を登ると、白を基調とした広めのオシャレな空間が広がる。

2021年11月にオープンしたお店で、店名はフランス語で「我が家族」という意味。

東京、名古屋、大阪などで修行して来た青森市出身のシェフが腕を振るうお店。

ランチが大変人気で、ディナーではブラッスリーとして、お酒を飲みながら料理を楽しむことができます。

image10_202307030655423d0.jpeg

image11_202307030655448c3.jpeg

そして、ランチメニューを見ると大変お得。

メニュー表のデザイン、凝ってますね。

ココはパスタやオムライスが人気なのだとか。

僕が頼んだのは「エビグラタンかけちゃいましたオムライス」900円。

なんと、サラダ、スープ、ドリンクが付いてこの値段は安い。

ドリンクはリンゴジュースにしました。

image14_2023070306554832d.jpeg

そして、やって来たのは男の願望を叶える、オムライスにベシャメルソースをかけたヤツ(笑)。

そのベシャメルの大海をプリプリのエビが泳いでいる。

image15_20230703065550ecc.jpeg

チキンライスに乗った、まるでリーゼントの様なオムライスをナイフで割って広げる。

そして、ベシャメルとチキンライス、フワトロ卵を三位一体として絡ませ、口に放り込むと美味しい。

image16_20230703065525a3b.jpeg

チキンライスはサラッとあっさりした味わい。

そこに卵のふんわりとした食感と、濃厚なベシャメルのコク。

そして、えびのプリプリとした食感が良いですね。

クドくならず最後まで美味しく食べられる。

image12_20230703065544d23.jpeg

image0 (52)

サラダもドレッシングが美味しくて、スープも中々。

image13_20230703065546ca7.jpeg

ドリンクもさっぱりとしたリンゴジュースが美味しいですね。

なんとプラス150円で、プチデザートも食べることができるらしい。

コチラも頼めばよかったと正直後悔している。

閉店した居酒屋脇にある、狭い階段を登ると、こんな素敵なレストランが隠れていた。

もう、何百、何千回も通っている道も、まるで魔法がかかったかの様に、突如としてこんな裏ダンジョンが現れる。

ついでに店内は、広くいろんな扉があるため、出口が分からなくなる魔法もかかる(笑)。

「何もない」、「飽きた」なんてRunawayせずに、いつも同じ様に見える日々に、好奇心をひたすら向け続けると、青森は時に、こんな隠れた魅力を見せてくれるのである。

クリックして投票いただければ、ブログを続ける励みになります。素敵なブログにも出会えますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします。


もう一つお願いします。  


青森県 ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment