fc2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県弘前市 弘前城公園の夜桜と、パチンコ屋二階にある人気のレストラン。【レストランセーブル】

大きいオジサンと、小さいオジサンが歌う、AORを代表するデュオ、エア・サプライ。

オーストラリア出身で、本国で1970年代後半に数曲ヒット曲を出した後、アメリカに進出し、1980年に「Lost in Love」が大ヒット。

(Official videoより)


その後1980年代半ばまでヒット曲を連発し、当時日本でも彼らが大人気だった模様。

僕が好きな曲は、1982年の名曲「Even the Nights Are Better」。

邦題は何故か「さよならロンリー・ラブ」(笑)。

「君がいると夜さえ素敵になる」と歌った、素敵なナンバーになっています。

(Official videoより)


幼い頃は、夜が怖かった柴T。

なかなか寝付けなくて、ふと夜中に起きてしまい、天井を見つめると、シミが笑う顔の様に見え、僕は顔を布団で覆う。

両親や妹の寝息が聞こえ、僕一人だけ起きているという孤独感。

外から猫同士がケンカをする不気味な鳴き声が聞こえ、遠くでフェリーの汽笛が聞こえる。

時折、オジサンの痰を吐く音が聞こえ、僕は思わず顰めっ面をした。

風で軋む家の音にビクッとし、夜は1人トイレに行くのがどうしても怖くて、おふくろやオヤジを起こし、トイレに連れて行ってもらっていた(笑)。

再び、布団に着いても色んなことを考えてしまい、このまま眠ってしまい、永遠に起きることがなかったらどうしようとか、考えても分かるはずのないことをループする。

何故、人生に夜は訪れるのだろう。

こんな暗くて怖い時間、早く過ぎればいいのに。

そんな幾千の夜を乗り越えてきた柴T。

今は夜が楽しい。

仕事が終わるとすっかり夜の帳が下りる頃。

僕にとって、この後の人生が大事なのだ。

夜を否定すると、自分の人生を否定する様なもの。

色んな夜の楽しみ方を、この半端な人生の中で僕は学んだ。

さて、家族の用事で昨日の金曜日、下北半島むつ市から実家の青森市へ早めに帰ってきた柴T。

用事が思ったより早く終わり、僕はおふくろと弘前城公園の夜桜を見にいく事にした。

土日はどうやら雨が降るらしく、今しかタイミングがないかもしれない。

image3_20230415094037447.jpeg

image4_20230415094041f9b.jpeg

今弘前城公園は桜が満開。

image0_20230415094330dfe.jpeg

image2_2023041509403753f.jpeg

僕とおふくろは弘前市役所の駐車場に車を停め、日本一の桜を見に行きました。

image13_20230415094040c2a.jpeg

image17_20230415094042bd3.jpeg

ちょうど見頃の満開の桜。

image18_202304150940437a4.jpeg

image0 (7)

外堀はまだ桜は散っておらず、花筏(はないかだ)はまだ。

多くの観光客が訪れ「すごい」とか「美しい」とか感嘆の声が漏れ聞こえてくる。

そんな声を聞くと、元弘前市民としては嬉しい。

しかしながら昨日14日(金)まではライトアップが21時まで(15日(土)からは22時まで)なので20時にきた僕らはバタバタ(笑)。

西濠の桜のトンネルまでは行けませんでした。

しかしながら、おふくろは「今年も桜が見られてスッキリした」とご満悦。

夜の桜も良いもんですね。

実は弘前城公園の桜を見る前、腹ごしらえをしてきました。

image25_20230415094049838.jpeg

場所はパチンコキングの2階にある、おしゃれなレストラン「レストランセーブル」へ。

ギラギラとド派手なネオンが目立ちますね(笑)。

image24_20230415094047020.jpeg

ココは昔から弘前市民に愛されている人気店。

入り口は2つあって「庶民の入り口」と「貴族の入り口」と巷では言われています(笑)。

image21_202304150940463f7.jpeg

貴族の入り口なるものに入ると、ゴージャスなエントランス(笑)。

シャンデリアがあり、エジプトの壁画っぽいデザインの巨大な絵がある。

踊り場には謎のモニュメントがあり、おふくろが高いお店なんじゃないかと帰りたがっていた。

しかしながらココは、弘前大学生も通う、とってもリーズナブルなレストラン。

image45_20230415094128d62.jpeg

image49_20230415094122f4e.jpeg

おふくろに信用してもらえず、店内に入ると壺だらけのデザインで、おふくろはさらに帰りたがっていた(笑)。

メニュー表をみてようやく安心したおふくろ。

洋食と和食それぞれ充実したラインナップ。

image26_20230415094050821.jpeg

親切にも人気メニューベスト3なるものもある。

ココのナポリタンが人気で、僕も昔よく食べていたんですよね。

そして、今回僕が頼んだのはオムライス¥1050(税抜)。

image34_202304150940532ff.jpeg

ココのオムライス、本当に美味しいのです。

デミグラスソースたっぷりの本格フワトロオムライス。

デミグラスソースに深みがあって、とっても美味しい。

ビターさもあり絶妙。

image31_202304150940517fb.jpeg

そして卵はフワトロで、その卵にくるまったチキンライスは甘め。

それがデミグラスソースと絡めて食べると、ちょうど良いバランスでとっても美味しい。

なんで学生時代、オムライスを頼まなかったんだろう。

オジサンになって初めて食べるオムライスに、思わず口元が緩む。

image38_2023041509405443a.jpeg

おふくろが頼んだのは、賑わい御膳¥1500(税抜)。

image39_20230415094057956.jpeg

image40_202304150940576f5.jpeg

image43_20230415094032cf0.jpeg

箱膳でやってきて、豚生姜焼き、天ぷら、茶碗蒸し、寿司、ミニそば又はミニうどん、小鉢、スイーツが付く、凄まじい御前になっています(笑)。

このコスパとボリュームに唖然とする(笑)。

しかしながら奇跡の60代のおふくろは、簡単にペロリと食べてしまう(笑)。

柴T来るといつも太っちゃうのよねとか言いながら(笑)。

天ぷらがとっても美味しかったらしい。

歳を取り、色んな夜の楽しみ方を覚えた柴T

むしろ、朝が来ないでほしいと思うくらいに。

日本一の夜桜に、パチンコ屋2階の変わった美味しいレストラン。

どんどん夜のボギャブラリーが増えていく。

しかしながら、夜の闇は未だ怖くて、寝る時は薄明かりをつけるのだけど。

ブログを続ける励みになります!!是非一票を!!クリックすると色んなブログに会えますよー

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします!!


もう一つお願いします!!  


青森県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment