fc2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県五所川原市 赤城の山も今日限りでなく、来週も再来週もずっと。【赤城食堂】

多感な10代の頃、僕は函館にいて、半世紀以上年上の今は亡き友人と、よく文学談義を交わしていた。

生きていれば、友人は今85歳くらいだろうか。

彼から1950年代の話をよく聞くのが好きだった。

書斎には古いレコードがびっしり並べてあって、レコードに針を落とし、バディ・ホリー、ザ・コーデッツ、プラダターズの1950年代の音楽を彼はよく聴いていた。

レコードのザラっとした音質が好きで、特に印象に残っているのはアメリカのボーカルグループ、ザ・コースターズが1958年にリリースした「Yakety Yak」という曲。

意味は「ぺちゃくちゃ」とか「おしゃべり」という意味で、名作映画「スタンド・バイ・ミー」の挿入歌にも使われていた名曲です。

この曲を聴く度、何故かあの頃を思い出し、楽しい気分にさせてくれるのです。

(Official audioより)


「赤城の山も今宵を限り」

前述の函館の友人は、よくこのセリフを口に出していた。

江戸時代に実在した博徒、国定忠治をモデルにした、大正時代の劇作家、行友李風による芝居「国定忠治」の大変有名なセリフ。

大衆演劇で今でも人気のある題目ですね。

役人に追われながらも、大飢饉で苦しむ農民を助け、弱者に味方する親分として、多くの人々に慕われた彼ですが、根城の赤城山を去る時に子分に告げた別れの台詞がこれ。

この後、国定忠治は磔にされ、さらし首に遭います。

物語で美化されまくっていますが、実際は極悪非道のヤバい人だったという話もチラホラあったり、清水次郎長と違って、評価が分かれる人ではあります(笑)。

さて、1月の五所川原市。

雪は降ってなかったけれど、ココは津軽平野。

天から降らなくても、横から雪が降るのである。

風で田んぼに積もった雪が舞い上がり、時折道路の視界を遮る。

防雪柵があっても、防雪柵の下の隙間から雪が吹き荒ぶ。

1_202012270927422b6_202202230748102a7.jpeg

おふくろの買い物を手伝いながら、津軽方面をドライブしていたのですが、五所川原市街にたどり着いた時にはお昼時。

image2_20220223074841870.jpeg

僕とおふくろが前から気になっていた「赤城食堂」へ行ってきました。

閑静な住宅街に隠れており、こんなところに食堂があるだなんて、ほとんどの人は気づきませんね。

創業40年以上にもなる老舗で、最近はテレビやブログでも取り上げられていてすっかり人気店に。

駐車場は4台くらいしか停められないので、注意が必要です。

ココはみそラーメンが大変人気なのですが、カツ丼やカレー、焼きそばも人気。

image23_20220223074924420.jpeg

そして、席に着いた途端何故かお通しが出てきた(笑)。

image1_20220223075138dbb.jpeg

テーブルにはサービスとしてリンゴが置いてあって、デザートナイフがあり、自由に食べてもいいみたい。

image14_202202230748446b5.jpeg

僕が頼んだのはカツカレー¥850

image8_202202230749463a9.jpeg

そしたら、大皿にど迫力のカツカレーの頂が。

まさにコレぞ赤城の山(盛り)(笑)。

その上、味噌汁にサラダまで付いてくるという恐ろしさ。

カレーは甘めの大衆食堂的な、分かりやすくも深みのある美味しいカレー。

食べれば食べる程どハマりしていく、クセになるコクのあるルーです。

image5_20220223074941bf5.jpeg

カツはデッカくて、衣は揚げたてパリパリ。

しかしながら、中の肉はびっくりするくらい柔らかくて美味しい。

凄まじいボリュームですが、美味しくてスプーンが止まらずあっさり完食。

image19_2022022307485188d.jpeg

おふくろが頼んだのは、人気No.1のみそラーメン¥650

こちらも大ボリュームの赤城の山(笑)。

image17_20220223074948e33.jpeg

奇跡の60代前半のおふくろは、この量に尻込みせず普通に食べている。

そして、すごく美味いと言っていた。

僕も少しもらって食べてみた。

めちゃくちゃ美味いですね!

image16_20220223074935cb5.jpeg

津軽味の甘めのスープがクセになります。

ニンニクや生姜のパンチが効いているわけでもなく、あっさりしてるんだけど、コクがしっかりとあって、大変満足感があるスープです。

ゴマ油も効いていて、量が多いにも関わらず、食欲を掻き立てられる。

コレは次回、みそラーメン頼まなきゃ。

image0_20220223074943c33.jpeg

帰りはトドメにドリンクが付くサービスぶり。

本当びっくりするくらいのサービスの波状攻撃(笑)。

少し罪悪感を感じる程。

美味しいうえにコスパも素晴らしい、最強の食堂でした。

お酒のラインナップも揃っていて、夜は居酒屋としても機能しているよう。

近くに広田温泉といういい温泉もあるので、温泉とセットでも楽しいかもしれない。

あまりに美味しくて、今日限りでなく、来週も、再来週もずっと、通い続けたいくらい美味しい「赤城の山」。

今は下北半島から出られないけれど、いつか面と向かって、友人達とぺちゃくちゃおしゃべりしながら、食べられる日を夢見ている。

ブログを続ける励みになります!!是非一票を!!クリックすると色んなブログに会えますよー

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします!!


もう一つお願いします!!  


青森県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

朝弁  

こんにちは。

こちらの食堂のおもてなし
ポタリングで開店と同時に入店した際には
大きなおにぎりをサービスでつけてくれ
このお店独自のサービスである先付の漬物など
この二つで胃袋を落ち着かせてから
注文した料理にかぶりついてました。

毎週通って
メニューにあった人気の順番に食べてました。

味噌チャーシューにすると
味噌の上にピーナッツを砕いたものが乗っかり
これがまたこちらの味噌と合うんですよね。

次回はせひとも味噌チャーシューで食べ比べを!

2022/02/23 (Wed) 15:32 | EDIT | REPLY |   

柴T  

To 朝弁さん

コメントいただきありがとうございます。


ローバイクで運動した後にはちょうどいいボリュームかもしれませんねー


でも、おにぎり食ってからの、味噌ラーメンはちょっときついかもしれないです(笑)


味噌チャシュー、写真見たことがあるんですが美味しそうですね。


是非次回頼んでみたいと思います♪

2022/02/27 (Sun) 18:22 | EDIT | REPLY |   

Add your comment