FC2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県外ヶ浜町 蟹田地区で人気のシャモロックラーメンを食べてみた【蟹田駅前市場「ウェル蟹」】。

函館の学校に進学した時、ちょうどGLAYブームで、その後ゆずが来て、その次に人気が出たのがBUMP OF CHICKEN。

GLAYにもゆずにも乗り遅れて、洋楽ばかり聴いていた僕も、バンプの流れには逆らえなかった。

当時のシーンにとって、彼らの登場は衝撃的だったんでしょうね。

たまたま読んでいた、山田かまちの詞の世界観とどこか似ていて、大学に進学しても長らく聴いていた。

「真っ赤な空を見ただろうか」は彼らの中で一番好きな曲です。

(Official videoより)


中々、コミュニケーションって、大切だけれど大変だ。

お互いの意見をすり合わせて、出口を見つけなければならない。

大学時代、異性と初めて暮らしてみて、こんなにも人間って考え方が違うのかと驚いたことがあった。

二人が一つだったならって、時々思う。

時に一人でいる方が楽なんじゃないかと思ってしまうのは、僕の悪い癖。

強がっていても、人は一人では生きられない。

image24_20210504092841f50_20210523231233743.jpeg

少し前ですが、外ヶ浜町蟹田地区までロードバイクでツーリングしてきた柴T。

image29_20210504092847f44_20210523231210547.jpeg

土日は2週連続でむつ市内に留まりましたが、青森市へ帰った時の僕の日課である。

青森市から外ヶ浜町蟹田地区まで、休みなく無心に、1時間半程ペダルを漕ぎ続ける。

image1_20210504092825700_2021052323121574f.jpeg

外ヶ浜町をツーリングすると、毎度のこと景色が美しすぎて目を奪われますね。

陸奥湾越しに青森県の形がなんとなく分かります。

image3_20210504092828c32_202105232312195e6.jpeg

image2_202105232312161a8.jpeg

蟹田駅にロードバイクを停め、駅舎に入ると、『観光カニスマ駅長「津軽蟹夫」』さんに出会えます(笑)。

image0_20210523231211247.jpeg

image1_20210523231213fda.jpeg

そして蟹田駅前にある「蟹田駅前市場ウェル蟹」がとても面白い。

image15_20210523231232789.jpeg

「ウェル蟹」とは「ウェルカム外ヶ浜町蟹田へ」の略(笑)。

image14_20210523231231949.jpeg

朝に水揚げされたばかりの新鮮な魚介が陳列されているほか、外ヶ浜町の特産品を買うことができます。

image11_20210523231227a3b.jpeg

大人気の、柔らかく煮たしょうゆ味のホタテに、マヨネーズを和えた、最高のご飯のお供「ほたてしょうゆマヨ」。

image4_202105232312203a4.jpeg

image3_20210523231217707.jpeg

平舘海峡の「焼き干し」や、世界最古級の土器片が発掘された「大平山元遺跡」のもりあげ隊公式キャラクター「むーもん」の煎餅など、午前中に行かないと品薄になる人気商品ばかり。

今回の僕の目的は併設されている食堂「うまい処ウェル蟹食堂」。

レジで食券を購入し、カウンターに腰掛ける。

image12_20210523231230bf8.jpeg

メニューはラーメン類、カレー、牛丼、生姜焼き定食など。

image10_20210523231226488.jpeg

そして、ココの人気メニューは「シャモロックラーメン」¥870

なんと、ライスが付いてきます。

このラーメンを求めて、町外から食べに来る人もいるのだとか。

image9_20210523231224ac8.jpeg

スープは透き通った塩スープ。

口に含むと、強い鶏の旨み。

見た目に反して、チキンの一撃を喰らう。

さすがシャモロック。

高級地鶏の濃厚なダシが後引きますね。

そのほか昆布の甘味・旨みに、煮干しの風味も感じる。

とても美味しいです。

image6_2021052323122223e.jpeg

チャーシュー代わりに鶏肉の焼き身が。

香ばしくパリッと焼かれていて美味しい。

焼き身からも旨味が次第にスープに滲み出て、美味しさが増す。

image7_202105232312232c5.jpeg

麺は地元製麺所の麺を使っているらしく、中細縮れでスープと合います。

あっさりのようで、味の輪郭がハッキリしているため、ご飯がよく合いますね。

大満足してウェル蟹を出る。

この後青森市に戻らず、平舘地区まで向かい折り返す。

ついに1日の走行距離100km越えしてしまった(笑)。

気がつけばもう夕方。

夕暮れの中、外ヶ浜町を後にする僕。

ロードバイクに乗るまでは、しきりにため息をついていた。

しかし帰る頃には、疲れてはいたけれど、どこか清々しい。

美しい風景や美味しいラーメンに、言葉で励まされている訳でもないのに、何故か背中を押されているようだ。

一人で見た真っ赤な空に、こんなに勇気をもらうとは。

住所 青森県外ヶ浜町上蟹田34-1

ブログを続ける励みになります!!是非一票を!!クリックすると色んなブログに会えますよー

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします!!


もう一つお願いします!!  


青森県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment