FC2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県むつ市 「塩辛の貝焼き」と「渓流サーモン」の美味しさに衝撃を受ける【武田屋】

アメリカのコーラス・グループ、スタイリスティックス。

ブラック・ミュージックを甘く味付けした、スウィート・ソウルが持ち味のグループ。

彼らの1974年の名曲「You Make Me Feel Brand New」が大好きなのですが、公式動画が無く、Simply Redのカバーの公式動画があったのでこちらを紹介。

たまに大甘なバラードが聴きたくなるんですよね。

(Official videoより)


僕の愛読書「dancyu」

image27_202104222251273c9.jpeg

全国的人気を誇る、毎月6日発売のグルメ雑誌である。

「クッキング」「店紹介」「蘊蓄(知識)」を3番柱とし、1990年12月創刊と30年以上もの歴史を持つ。

コロナ前は東京出張に行く際のお店の参考にしたり、難易度の高いプロ向けのレシピがあって、頑張って作ると本当にお店の味になる。

料理人の夢を諦めて、弘前の大学に進学し、不貞腐れていた僕を再び料理の道に戻した(?)、僕にとって恩人であり、師匠のような存在(笑)。

実はその雑誌の昨年11月号に、とある下北半島のお店が取り上げられているのである。

image26_20210422225145cd2.jpeg

そのお店の名は「武田屋」さん。

image24_2021042222514440b.jpeg

むつ市柳町にある、観光客がよく訪れる大人気の居酒屋である。

結構前に一人飲みして来た時のことです。

実は雑誌にこのお店の「かやき」が取り上げられていた。

「かやき」とは貝焼きの事で、陸奥湾沿岸で食べられる貝殻を器にした郷土料理のこと。

ココで食べる「かやき」は絶品。

その前にまずはお酒。

このお店の日本酒のラインナップは素晴らしい。

image21_20210422225141860.jpeg

田酒特別純米酒の小徳利を注文。

やはり田酒、美味すぎるわ。

お米の旨味をしっかり感じながらも穏やかな味わい。

最高の食中酒ですね。

そして、お通しの美味しさに感動する。

image22_202104222251422d7.jpeg

南蛮漬けがめちゃくちゃ美味い。

玉ねぎと鯖だけのシンプルな料理なのに、なんでこんなに美味いのだろう。

脂ののった鯖のなんと美味しいこと。

image17_2021042222514037a.jpeg

そして、茶碗蒸しもいいですね。

青森らしくない、甘さ控えめの茶碗蒸し。

あっさりしながらも出汁がしっかり効いていて、こちらも美味。

お通しだけで既に感動しそうになる程、細やかな美味さ。

お通しが美味いと、料理を頼むのが楽しくなる。

image15_20210422225136f82.jpeg

そして、僕が頼んだのは「塩辛の貝焼き」。

貝殻に塩辛、大根おろしと煮干しを乗せただけのシンプルな料理。

image10_20210422225135050.jpeg

最初はそのままで食べても美味しいのだけど、火を通していくと次第に大根おろしの水分が染み出て、鍋状になる。

熱が加わった塩辛の風味が変わり、食欲を刺激する。

熱が通った塩辛も美味いですね。

そしてこのかやき、次のステージが最大の醍醐味。

image2_20210422225130120.jpeg

大根の水分を蒸発させていくと、どんどん大根と塩辛の旨味が凝縮され、貝殻におこげがつくのである。

image0_20210422225128ec9.jpeg

おこげをこそぎ取りながら、白飯に乗せるとマジでご飯が止まらない。

おこげの香ばしさと、塩辛の旨味。

大根があるおかげで塩辛のコクがしつこくなく、あっさり食べれるのです。

ご飯瞬殺どころか、お酒も瞬殺。

image16_20210422225138b9f.jpeg

次は濃厚な偕楽園の梅酒を注文。

とろみがあり、こちらも美味しいお酒ですね。

image6_20210422225134759.jpeg

次に渓流サーモンの刺身を注文。

海峡サーモンがあまりにも有名ですが、この大畑地区の山口養魚場で養殖されている渓流サーモンも絶品。

大畑川支流の高橋川で養殖されているニジマスで、下北半島が育んだ澄んだ水で育てられたサーモンの刺身は、さっぱりながらもしっかりとした旨味があり、本当に最高。

image3_2021042222513251b.jpeg

外国産のクドめなサーモンとは違い上品ですね。

仄かな甘味もあり、しっかりとした食感があります。

image1_20210422225129f0c.jpeg

最後はサービスのきゅうりの漬物で口の中をさっぱりと。

さすがは全国区の雑誌で紹介されるほどのお店。

雑誌の中で、食通ライターもこのお店を絶賛していた。

シンプルな中にも、厳選された食材と確かな腕。

気持ちよく酔っ払って、お店を後にする。

美味しい料理を食べると自分で作ってみたくなる。

塩辛と大根の貝焼き、鯖の南蛮漬け。

でも僕にあんな繊細な味ができるだろうか。

まだまだ僕には料理の修行が必要である(笑)。

住所 青森県むつ市柳町1丁目1-7

ブログを続ける励みになります!!是非一票を!!クリックすると色んなブログに会えますよー

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします!!


もう一つお願いします!!  


青森県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment