FC2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県青森市 明治35年創業の老舗、入〆(いりしめ)のラーメンとカレーはホッとする美味しさ。

アメリカが生んだ偉大なジャズ・ピアニスト、歌手であった、ナット・キング・コール。

1965年に、45歳の若さで肺がんで亡くなってしまうのですが、生前最後のヒット曲が「L-O-V-E」。

今やジャズのスタンダードとなっているこの曲。

実は彼が日本語で歌ったバージョンもあるのですが、公式のものではないので、某動画サイトで探してみてください(笑)。

めっちゃ日本語上手いです。

ナット・キング・コール自体の公式動画がなく、グラミー賞歌手であるグレゴリー・ポーターのバージョンを今回紹介します。

(Official videoより)


その当時に生まれていた訳ではないのに、昔のものを見ると懐かしいと思ってしまうのは何故だろう。

テレビや映画の刷り込みだろうか、それとも遺伝子の記憶だろうか。

はたまた前世の記憶か。

小学生のころ、青森市の祖父の書斎には、青森の郷土史の本が沢山置いてあって、それを読むのが好きだった。

かつての青函連絡船の写真、新町通りの写真等、戦前戦後の写真を見ながら、歴史を辿るのが学校帰りの僕の日課。

自分の通学路にかつて映画館があったのだなとか、散歩をしながら青森市の過去に思いを馳せる。

祖父が亡くなったら本が全て勝手に処分されたのだけど、今でも郷土史の本が書店に陳列されているのを見ると、ついつい気になって買ってしまう。

image37_20210119064046a07.jpeg

image13_202101190640380a2.jpeg

image15_202101190640417d9.jpeg

さて、話は現代に戻り、週末青森市の実家に帰ってきた僕は、いつも日課の散歩をする。

image9_20210119064033a8a.jpeg

image11_202101190640362ac.jpeg

かつて活気があった堤町や莨町も面影はない。

image16_20210119064042c20.jpeg

image17_20210119064044df7.jpeg

image14_2021011906404098a.jpeg

歩いていたらちょうどお昼時で、ご飯を食べに青柳地区へ。

明治35年(1902年)、今から119年前と聞くとあまりピンと来ないと思いますが、大隈重信が創立した東京専門学校が「早稲田大学」に改称された年、八甲田雪中行軍遭難事件があった年に創業し、今もなお続いている、青森市屈指の老舗がこの青柳地区にあることをご存知でしょうか。

image8_20210119064032905.jpeg

その名も「入〆(いりしめ)」と言うお店。

初代の創業者の父が何と島根県出身。

北海道へ渡って一旗あげる予定がうまく行かず青森へ移り、そして創業者である息子がこの青森市にお店を構えたのが前身。

「入〆」と言う名前はかつて港町にあった遊郭から譲り受けたものらしい。

今は4代目が切り盛りしています。

昔ながらの老舗蕎麦屋なのですが、ラーメンとカレーも人気。

ラーメンは昭和15年から始め、青森市内で一番最初にラーメンを提供した店とも言われています。

image7_20210119064031699.jpeg

僕が小さい頃から食べていたお気に入りが、小ラーメンと小カレーが付く、カレーセット¥880

人気メニューが両方食べれるお得なセットになっています。

image4_20210119064028b08.jpeg

小ラーメンは煮干しと昆布ベースのあっさりスープ。

鶏ガラ、豚骨の動物系と野菜の旨味も感じるかな。

最近の塩分強めのキリッとしたスープとは違って、じんわりとくる優しい味が癒されます。

あっさりしてますが、旨味もしっかりしていて、大変バランスが良いですね。

image3_20210119064026834.jpeg

麺は細縮れ麺で、スープとの相性抜群。

とっても美味しいです。

image5_20210119064029e37.jpeg

小カレーはお蕎麦屋さんのカレーで、そばの出汁を使っているのでしょうか、和風な奥深い味です。

image1_202101190640250ea.jpeg

ルーはサラサラですが、しっかりコクもあり、何度もその余韻を確かめる。

甘めかなと思ったらしっかり辛さもあって、とても美味しかったです。

青森市の中華そばの源流となるラーメンを食べて、レトロなお蕎麦屋さんのカレーを食べる。

明治、大正を体験していないどころか、物心ついた時には昭和が終わっていた僕ですが、それでも食べていて懐かしいと思うのは何故なのだろう。

人の記憶は遺伝しないとは言うけれど、遠い過去に安らぎを感じるのは何故なのだろう。

そんな懐かしさの根源を解明するため、僕はまた郷土史の本を紐解くのである。

住所 青森県青森市青柳1-12-22
営業時間 [平日] 11:00~14:10(L.O)
[土・日・祝] 11:00~15:00(L.O)
定休日 火曜日

ブログを続ける励みになります!!是非一票を!!クリックすると色んなブログに会えますよー

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします!!


もう一つお願いします!!  


青森県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment