FC2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県弘前市 秋晴れの弘前城公園の後、城南山忠で絶品の津軽中華を味わう。

1980年代に数多のヒット曲を放った、オーストラリア出身のバンド「エア・サプライ」。

AORど真ん中ど直球の、ドラマチックなバラードで日本でも人気を博しました。

ラッセル・ヒッチコックのハイトーンボイスが当時ペパーミントに例えられるほど爽やかで、日本では「夏はTUBEかAir Supplyか」という売り出し方をしていたらしい。

まあ、俺生まれてませんけど(笑)。

僕が好きなのは1980年のヒット曲「Lost In Love」

和訳すると「愛に迷う」。

シンプルな進行ながら、なんでこんなに心に染み入るのでしょうか。

(Official videoより)


人は失い続ける生き物だ。

時間と共に記憶を失い、いつかは大切な人をも失う。

3年前、大好きだった十和田の祖父母が亡くなった。

そして、今年の6月函館の親友も失う。

コロナ禍のこの状況で、職業柄お墓参りにも行けていない。

幼い頃は、自分の身近な人達が亡くなるなんて思いもしなかった。

志村けんさんがいない世界だなんて、想像ができなかった。

これからも僕は失い続けるのだろう、だからこそ人は出会いを求め、気を紛らわすように、何かに没頭するのだ。

久々の弘前。

疑うような秋晴れの青い空で、岩木山のシルエットがハッキリと見える。

最近ロードバイクで外ヶ浜町ツーリングにハマっているため(笑)、以前より弘前方面には行く機会が更にめっきり減った。

大学時代の友人もほとんどが県外に就職し、しばらく会っていない。

僕が一人弘前に行ったなら、僕は孤独と対峙しなければいけない。

image0 (4)

image2_202009260037149bc.jpeg

弘前城へ向かうとちょうど、弘前城秋の大祭典が開催されていて、桜の時期程ではないものの、すこしばかり賑やかさを取り戻していた。

image7_20200926003715556.jpeg

image0_20200926003712047.jpeg

弘前城は大改修のため、あの頃の場所にはないけれど、弘前城のバックに岩木山が見えるロケーションも中々だ。

毎年研究室で開催していた花見が懐かしい。

もう、10年も経つのだなと思うと信じられない。

image11_20200926003722ee4.jpeg

僕が大学時代、最もよく通っていたラーメン屋さんが、弘前市城南にある「山忠城南店」さん。

典型的な津軽中華味わうことのできる、弘前で僕の最も大好きなお店。

本家が現在田舎館村にある「やまや」で、黒石のやまやは田舎館村やまやの娘夫婦が現在営業し、城南山忠は甥に当たるのだとか。

津軽中華とは何かを語るうえで大変欠かせないお店です。

山忠は他に弘前中三デパ地下や新町にもあります。

大学時代、研究室の後輩がラーメン好きでそいつと食べ歩きを始めたのがこのブログのエポック・メイキング。

そして確かその第1号が、この城南山忠だった気がする。

弘前郊外の、閑静な住宅街に潜んでおり、すごくわかりずらい場所にあって、スマホもナビも無い当時は探すのに本当苦労した(笑)。

それでも、絶えず多くのお客さんで賑わい、漫画「ラーメン発見伝」で取り上げられたほどの名店。

ここの味噌ラーメンが大好きでよく頼んでいたのですが、今回は僕が学生時代一番最初に食べた、中華そばと小チャーハンのセット¥850を注文。

image9_202009260037185cc.jpeg

中華そばは脂の浮いていない、澄んだスープ。

そして、煮干しと鶏ガラのバランスの取れたやや甘みを感じるスープが最高。

しょっぱ過ぎず、塩気も絶妙で、シンプルなはずなのになんでこんなに美味しいのだろう。

実はあまりスープを飲まない僕も、ついつい飲んでしまう。

image10_20200926003719805.jpeg

そして、山忠といえば独特な自家製縮れ麺。

平打ちで個性的なモチモチとした食感がスープと合いますね。

ブラックペッパーで味変させるとより美味しくなります。

image8_2020092600371740a.jpeg

そして、城南山忠はチャーハンも最高に美味い。

具材もシンプルなはずなのに、塩気も程よく、脂っこくないのにパラパラな、本当バランスが良すぎる計算された絶妙なチャーハン。

シンプル・イズ・ベストを地で行く、美味しいとはバランスだと感じさせる最高の一杯ですね。

そしてラーメンを食べた後、よく行っていたのが、山忠の近く桜ヶ丘団地の住宅街にある温泉「桜ヶ丘温泉」

image12_2020092600371068e.jpeg

弘前の住宅街にあるにも関わらず、なんと硫黄泉が出る激レアの温泉。

お湯は薄く白濁し、ツルスベ感のあるいい温泉。

そして、よくココの温泉あがりに飲んでいた弘前の地サイダー、NKAサイダーを買おうとしたけれど、残念なことに昨年で生産を終了したらしい。

大学時代と同じ行動を取ろうとしても10年も経つと世の中変わっていく。

僕の大好きな地サイダーはもう無い。

また一つ失った。

少し落胆していると、自分が何故このブログを始めたのかを思い出す。

自分が何を食べて何を考えていたかを記録する、自分の備忘録を作りたかった。

失ったものを思い出すための。

でもしかし、僕のブログを見て懐かしいとかつての友人が連絡をくれたり、多くの県外へ旅立った元青森県民の方々より感謝のメールが届く。

僕は失い続けながらも、多くの物をブログを通して得続けているのだ。

僕の時代は地元就職が困難だった時代。

僕は故郷に一人残り、青森を懐かしむ人達に「田舎の生活」を送り届けている。

住所 青森県弘前市大字城南5丁目13-3
営業時間 11:00~19:00
定休日 火曜日

ブログを続ける励みになります!!是非一票を!!クリックすると色んなブログに会えますよー

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします!!


もう一つお願いします!!  


青森県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



2 Comments

リオ  

イケメンって本当、なんでもできるんですね・・
写真も文章もうまくて、スポーツ万能で、元シェフで、アート肌の超イケメン。
世の中なんて不公平なんだ(΄◉◞౪◟◉`)

2020/09/26 (Sat) 14:52 | EDIT | REPLY |   

柴T  

Re: タイトルなし

コメントいただきありがとうございます(笑)。
たまにそういうコメントをいただくのですが、僕はそんなにできないです(笑)。
僕を持ち上げて、ハードルを上げないでください(笑)。

2020/09/28 (Mon) 07:32 | EDIT | REPLY |   

Add your comment