FC2ブログ

Welcome to my blog

田舎の生活~Nothern life~

日々遊びながら青森の魅力を発信

 青森県青森市   油川ジャズと人気店、麺匠とうぎょうのエビ辛つけそば。

カナダ、オンタリオ州出身のR&B歌手、Tamia

「タミア」と読みます。模型の某メーカーではありません(笑)。

彼女の「Officially missing you」は本当名曲ですねー

(Official videoより)


自分は本当、スケジュール管理は向いてないなと思う。

タイムマネジメントができてない。

まあ、俺はB型ですから。

色々1日に詰め込みすぎては、とっちらかって瓦解する(笑)。

札幌ジャズフェス観にいく予定でしたが、直前で親父を病院へ連れて行くことになったり、色々あって北海道行けず。

アレもコレもと詰め込んでは最終的に何一つ出来ないのだから、多分秘書や芸能人のマネージャーは一生やるべきではないと思う(笑)。

IMG_5421.jpg

さて、友人と油川市民センターで開催された「油川ジャズフェステバル」に行ってきました。

「フェスティバル」じゃなくて「フェステバル」なのは津軽弁的ニュアンスなのでしょうか(笑)。

青森市の一地区がこういう、フェスティバルを開催するのはすごいですね。

IMG_5446.jpg

IMG_5483_201908260931370cc.jpg

あぶらかわ商店会で主催していて、昔の古き良きキャバレーを彷彿とさせる、八戸のビックバンド「ニューサハラクラブバンド」や中央学院大学で教鞭をとられている木村貴子さんのバンド「木村貴子トリオ」、青森で英語教師をしている華子・ヘンティ、ライアン・モロイと八戸のプロ二人によるバンド「華子・ヘンティカルテット」など、青森の音楽ファンなら一度は名前を聴いたことがあるであろう、錚々たる面々の演奏は本当圧巻でした。

中でも木村貴子トリオのベース、安藤氏のプレイは凄かった。

マイ・フェイバリット・シングの・・・って話がマニアックなになりそうなので、ここでお開き(笑)。

ジャズ飯と題して、フードコーナーもあり、油川地区は県内のトマト発祥の地らしく、トマト焼きそばなど、トマトに関する食べ物が売られていました。

IMG_5429.jpg

トマトカレー美味かった。

IMG_5417_20190826093131995.jpg

実はその前、昼飯は新町から三内に移転したつけ麺の人気店「麺匠とうぎょう」へ行ってきました。

ココは青森市の会社へ出向した時、近くにあったので良く食べに行っていました。

お昼を外したのに、行列が絶えませんね。

メニューは濃厚つけそば、エビ辛つけそば、濃厚中華そば、エビ辛中華そばの4種類。

IMG_5391_20190826093124a30.jpg

僕が頼んだのはエビ辛つけそば中盛¥900

IMG_5399.jpg

中盛りですが、麺がマウンテンのように立ちはだかる。

エビ辛で和えていて、エビの香ばしい香りが食欲を刺激する。

IMG_5405.jpg

つけ汁は豚骨・鶏ガラ・豚足・モミジなどの動物系と煮干・鯖節等の魚介系を合わせたダブルスープで濃厚こってり。

IMG_5408_20190826093128c13.jpg

麺は石臼挽き全粒粉のストレート太麺で、つけ汁に絡めると相変わらずめっちゃ美味い!

エビ辛の香ばしさと辛味、濃厚なつけ汁の旨味が麺と絡み合って最高のハーモニーを奏でる。

こりゃ美味いわー

IMG_5413.jpg

そして、つけ汁には柔らかいチャーシューがぎっしりと入ってます。

IMG_5383.jpg

もう一つ頼んだチャーシューおにぎり¥150はボリュームがあって、重量感がありますな。

チャーハンをおにぎりにしたような感じで、味が濃すぎないところが濃厚なつけ麺のお供にあいますな。

油川のジャズに三内の美味しいつけ麺。

土曜日には20年以上ぶりに小学校の同級生と会って、喫茶店で昔を懐かしんだり。

札幌行けなくても、充実した青森ライフ。

限りある人生だけれど、詰め込みすぎず、ゆったり行こう。

住所:青森県青森市三内稲元56-12
営業時間: 11:00~14:30LO
定休日:水曜

ブログを続ける励みになります!!是非一票を!!クリックすると色んなブログに会えますよー

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
こちらもクリックお願いします!!


もう一つお願いします!!  


青森県 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Add your comment